• 横須賀市三春町3丁目24−6
    堀ノ内メディカルビル2階
  • 046-854-4822

ほくろ・皮膚腫瘍

ほくろとは

ほくろのイメージ画像

ほくろは、皮膚の一部にメラノサイトという色素細胞が集まったもので、医学用語では、色素性母斑や母斑細胞性母斑と言われています。ほくろは見た目が気にならなければそのまま放置でも問題ありませんが、可能性としては低いもののほくろに似たもので皮膚の悪性腫瘍(悪性黒色腫)というケースも中にはあります。しかしこのような場合は、短期間で急拡大する、色が濃くなる、色素が周囲の皮膚に染み出す、硬化していくといった症状が現れますので、これらに心当たりがあれば速やかにご受診ください。

ちなみにほくろは皮膚腫瘍のひとつです。皮膚腫瘍は皮膚組織の一部が病的に変化し、増殖して出現するもので、ほくろ以外のものもあります。皮膚腫瘍は良性と悪性に分けられます。良性腫瘍は増殖が緩やかなケースが大半なので、生命に影響することはほぼありません。しかし悪性腫瘍の場合は、周囲の組織に進入、遠隔転移するなど、生命に重大な影響を及ぼします。これまで単なるほくろやしみだと思っていたら、実は皮膚がん(悪性黒色腫など)だったというくらい区別がつきにくいものもあります。そのため自己判断はせず、気になる皮膚の異変があれば遠慮なくご相談ください。

主な皮膚腫瘍(ほくろ除く)

粉瘤

皮膚が陥入してできた袋に老廃物や皮脂が溜まることによってできる半球状の良性腫瘍。アテロームとも呼ばれる。

石灰化上皮腫

皮膚のすぐ内側にカルシウムが沈着することで、まるで石灰みたいに硬くなる良性腫瘍。

稗粒腫(はいりゅうしゅ)

顔面の皮膚表面付近(主に眼の周囲)に発生する、直径1~2mmほどの白くてかたいブツブツ(角質が入った袋)。

汗管腫

汗管が増殖して発生したもの。眼の下に多発する小型で扁平に隆起した発疹。

脂漏性角化症

主に皮膚の老化が原因で加齢とともに増えていく、皮膚の良性腫瘍。

日光角化症

日光を浴び続けることで発生する皮膚疾患で、皮膚がんのごく早期の病変。

ボーエン病

表皮内部に発生するがんの一種で、まだ表皮内に増殖が留まっている状態。

皮膚がん

基底細胞がん(表皮の最下層である基底層や毛包などを構成する細胞が悪性化した状態)、悪性黒色腫(皮膚の色素を作る細胞ががん化した腫瘍)など。

治療について

診断の結果、悪性腫瘍もしくは、その疑いがあると医師が判断すれば、その病変を切除するようにします。良性腫瘍は炭酸ガスレーザーによる治療が行われる場合もあります。

院長
梅本 淳一
診療内容
皮膚科、アトピー性皮膚炎、乾癬、掌蹠膿疱症、にきび、 円形脱毛症、白斑、じんましん、いぼ、ほくろ・皮膚腫瘍、 かぶれ、湿疹、水虫、自費診療
電話
046-854-4822
所在地
〒238-0014神奈川県横須賀市三春町3丁目24−6 堀ノ内メディカルビル2階
最寄駅
京浜急行線 堀ノ内駅
診療時間
※1…月曜午後の診療は院長と女性医師の2診制になります。
※2…水曜・金曜の午後は17:30まで診療となります。
●…第1、3、5土曜日のみ診療。月によっては休診することがございます。
詳しくはお知らせにてご案内します。
休診日:木曜日、土曜日、日曜・祝日
診療
時間
日祝
10:00

12:00
15:00

17:00
○※1 ○※2 ○※2